ホームページでお金を稼いでいる人の仕組みとは!?~読まれるためには何したらいいか?~

どうも、Minority Unitedの中の人です。

前回のタイトルである「ホームページでお金を稼いでいる人の仕組みとは!?~広告収入構造編~」では、どういった方法で広告収入を得ているか、また一定の稼ぎを出すには、どれくらいの訪問者がいればいいのかを書いていきました。

今回は、「閲覧・クリック数を増やすには、どうしたらいいのか。」を書いていきます。
※できるだけ専門用語を使わないように書き進めてまいります。

ホームページ(ブログ)を大きく分けると、以下の2つですね。

・タイトル

・ブログの中身・文章

「簡単じゃないか」とか「当り前じゃないか」という声が聞こえてきそうですが結構難しいんです。

それぞれどういうことに気を付けていけばいいか書いていきますね。

重要度:★★★★
【キャッチ―なタイトル】

どんなに良いホームページ(ブログ)であろうと、読んでもらえなければ意味がありません。であれば、いかに人に読んでもらえるかを考えたとき一番重要なのは「キャッチ―なタイトル」です。

ここでまず、ホームページ(ブログ)を読んでもらえるかどうかが決められます。

先ほども書きましたが、どれだけ内容が良くても開いて読んでもらえなければ、同じ土俵にすら立てませんので、タイトルもしっかりと考えましょう。
個人的には、文章を一通り書いてからタイトルは考えています。
何故かというと、あくまで個人的な書き方の問題になるのですが、先にタイトルを書いてしまうと、書けることに縛りが出てしまってしまい、結局あとから書き換えたりすることがあるためです。

逆に、先にタイトルを決めると、書くことがそれなりに絞られるので、そこから集中してかける人もいらっしゃると思うので、どちらでも構いません。特に順番が逆だからと言って問題があるわけではありませんので。

ここで重要なのは、相手に読みたいと思わせられる「キャッチ―なタイトル」であることです。

個人的には、よく本屋さんで入り口付近で見るような本のタイトルというのは特にキャッチ―なタイトルであることが多いと思っているので、よく本屋さんを仕事帰りに見てから帰っています。

重要度:★★★★★
【読まれやすく、検索結果の上位にも出てきてくれる中身・文章】

ここも勿論重要です。
当たり前だとは思うのですが、文章には一貫性がなくてはいけません。

また、内容が薄いと意味があまりありません。
生活の記録などをメインとしてホームページ(ブログ)を作るなら全く問題はないのですが、「少しでも稼ぎたい」という方は、しっかりと内容を考えて書いていくことにしましょう。

Googleさんなどで検索した時に、どういったホームページ(ブログ)が上位に表示されるかを考えられたことはありますでしょうか。

難しい言葉を使わずに簡単に書くと、

A.内容が濃いこと

B.検索キーワードを含んでいるなかでも、独自性があるもの

C.検索されたキーワードがホームページ内に何度も出てくること

といった項目が挙げられます。
※AよりCの方が重要という意味合いではありません。3つとも重要です。

じゃあ、どういったことに気を付ければ内容が濃くなるのか、独自性が出せるのか、などを順を追って書きます。

ホームページ(ブログ)内容を濃くするコツ、選ばれやすいホームページ(ブログ)にするためのコツをいくつか書くと、、

① ユーザーの実体験を書いてみる。

②ホームページ(ブログ)の独自性を書いてみる。

③ホームページ(ブログ)の内容ごとに専門性を高めたものにする。

といったことがあげられるでしょうか。それぞれ説明させていきますね。
※①が一番重要という意味合いではありません。3つとも重要です。

①ユーザーの実体験を書いてみる。
例えば、商品説明をするようなブログを書くとして、何も知らない商品について書くことはかなり難しいですよね。個人的には無理だと思います。もしそういう広告商品をお勧めするには、まず一度自身で使用してみるのが一番です。

実費になってしまう場合がほとんどだとは思いますが、ご自身で使ってみると宣伝ページの写真や文章では分からなかった点に沢山気づくことができると思います。

②ホームページ(ブログ)の独自性を書いてみる
これは先ほど書いた「B」の部分やすぐ上に書いた①の「ユーザーの実体験を書いてみる」とも繋がっていますが、Googleなどの検索エンジンの性質上、ありふれた内容のものに関しては、検索した時に上位に出てきてくれません。

なので、もし似たような記事が世の中に出回っていたとしても、「+α」の何かがあれば、そちらを選んでくれる可能性がグンとあがりますし、Googleさんの検索結果でも上位に表示してくれ、選ばれやすい状態になっていることでしょう。

例えば、同じ商品のレビューについての感想ホームページ(ブログ)を書いていたとします。

・ただ使用した感想を書かれているホームページ(ブログ)

・いくつかの観点で書かれており、おすすめ度まで記載されているホームページ(ブログ)

上記のどちらのホームページ(ブログ)から商品を買いたいか、という質問を受けたとき、あなただったらどちらから買いたいでしょう。

多分、後者だと思います。何故なら、詳しく、わかりやすく書かれているからです。

そのホームぺージ(ブログ)を書いた人にとって、たとえ使いづらそうに書かれていたとしても、それがしっかり書かれていることにより他のブログで紹介された商品で「おすすめです!」と書かれていたら、「以前の記事で辛口で書いていた人がこの商品は「おすすめ」といったぞ。いい商品なんだろうな。」という印象を与えることもあります。詳しく書かれていると、1回のブログでは興味がなくても他の商品が紹介された際に、また同じホームページ(ブログ)まで足を運んでいただけるようなホームページ(ブログ)になっているのではないでしょうか。

また、商品紹介をするのであれば、写真を掲載することも忘れないようにしましょう。

どれだけ分かりやすく、詳しい情報を書いていたとしても、商品の写真などがないと伝わり辛いものです。

③ブログの内容ごとに専門性を高めたものにする。
これは「C.検索されたキーワードがホームページ(ブログ)内に何度も出てくること」と直結する話になります。

先ほどからこのブログを読まれていて、お気づきになったかもしれないのですが、
「ホームページ(ブログ)」という言葉が多く出てきているのではないかと思います。わざとです。

一つの単語・言葉を軸に、その単語・言葉に特化した記事を書いていくと、ということを意識した結果、このような形になっております。

ここまで来れば、「C.検索されたキーワードがホームページ(ブログ)内に何度も出てくること」と書いた理由がお分かりになるかなと思いますが、同じ単語・言葉を何度も書くことにより、そのホームページ(ブログ)の内容の専門性を高めるとともに、Googleさんに更に検索結果の上位に出てきてもらうように頑張っているわけでございます。

いかがでしたでしょうか。

色々と書いていきましたが、総じて「SEO対策」と呼ばれている部分になります。
SEO対策としては、他にも細かい方法がたくさんあるのですが、初心者の方にもわかりやすい説明ができていたらいいなぁと思います。

★まとめると大事なことは、、、

①選ばれるためのタイトルづくり

②検索結果の上位に来てくれるような内容とわかりやすさ

の2つになります。

対策をしっかりして、選ばれるためのホームページ(ブログ)を作りましょう!