医療広告ガイドライン

ホームページ制作ルール

【分かりやすい!!】だれでも5分でわかる歯科業界における集患方法

今回は5分で分かる、歯科業界の集患方法です。 今まで当たり前だと思っていたことも実は、見方を変えるだけで正解は別にあった。なんてことも。 歯科業界で無駄のない集患をしたいかた必読です。
ホームページ制作ルール

【これを読めば集患できる!】患者さんがインプラント治療を受けるときに歯科医院を選ぶ基準!

WEBサイトやスマホが発達した今、患者さんは何を基準に歯科医院を選んでいるのでしょうか? 集患という言葉がありますが、患者さんに対して適切にメリットや治療内容を伝えることで、より効果的な集患が出来るかと思います。
ホームページ制作ルール

【歯科衛生士の求人を出す】募集を出しても来ない。賃上げもしても来ない。の打開方法!

歯科衛生士の求人と雇用。全国に11万人ほどと言わせている歯科衛生士。 近年その数の不足が問題となっている。 全国に点在する歯科医院の中で、おそらく十分に歯科衛生士のの在籍する歯科医院はそう多くない。今回は、歯科医院の集客方法についてWeb的見地から書いてみることにする。 また、数字をもとに考察も行っていきたいと思う。
ホームページ制作ルール

【ほんとに?時給で5万円?世界の歯科医師事情】検証してみました。

今回は世界の歯科医師の年収を比べてみました。 現在、歯科医をされている方で今の年収に満足されてない方は何らかのヒントが得られるかも! 更に、医療広告ガイドラインが変更になり」ホームページでの過剰広告が禁止されました。 過剰広告といっても、単純に過剰なものだけでなく、今まで掲載していた内容が規制の対象になるかもしれません。
医療広告ガイドライン

【歯科医院の方必見】患者さんはどのように歯科医院を探しているか?

医療広告ガイドラインに対応した、歯科ブログを書いてきましたが、今回は歯科医院にかかる患者さんに目を向けてブログを書きたいと思います。日本は歯科医療大国です。現在歯科医の数は10万人を突破し、なおも増加を続けています。歯科業界の集客の中で大事ことは患者さんに目を向けること。歯科医院にかかる患者さんにはある共通点がありました。 2018年6月から変更になった医療広告ガイドラインに対応した、歯科業界での集客方法。 掲載可能な文章も含めて今回は分かり易くご説明していきます。
ホームページ制作ルール

【医療広告ガイドライン】取締り強化、既に違反認定されたサイトも。今後の行政の対応とは?

医療広告ガイドライン。医療ホームページのほとんどが厳密にいえば違反となる昨今、行政はどのように動くのか。先日、ホームページガイドラインに基づく違反認定がなされました。 内容はどのようなものだったのでしょうか? また、今後の対策は? 医療広告ガイドラインについてわかりやすく読み解いていきます。 また、医療広告ガイドラインの変更になったルールとは? 詳細は記事をご覧ください。 医療広告ガイドラインの違反として取り締まられないためにはどうすればいいのか? ぜひ、医療広告ガイドライン対応のホームページ制作会社、または弁護士にご相談ください。
ホームページ制作ルール

【免許取り消しも…】医療広告ガイドライン改正について確認しておかなければならないこと。

医療広告ガイドラインを分かりやすく説明。ホームページのセカンドオピニオン。Minority Unitedによる医療広告ガイドラインの読解。医療業界に従事している方、必読の決定版。我々は医療広告ガイドラインに対して、どのように対処していけばいいのか?免許取り消しもあり得るの?医療広告ガイドラインの最新情報をいち早くお届け。日本の医療機関におけるWeb広告の基本的な考え方、そしてその解決方法。歯科医院における医療広告と今後なにを掲載して、なにを削除の対象にするか、分かりやすく説明。医療広告ガイドライン,ホームページ,歯科,法律,免許取り消し,虚偽広告,不適切広告,ホームページ業者,省令,医療広告,写真,比較広告,誇大広告,客観性