Webサイト制作を依頼する前に!5つのチェックリスト


Webサイトは会社の顔。「絶対失敗しないために!」

かっこいいWebサイトを作りたい!
今のWebサイトは古い。現代的にしたい!
インターネットを使ってもっと集客したい!

Webサイトは、いわば会社の「顔」。
インターネットの波の中で、お客様が「初めまして!」と会社に出会う、とても重要な瞬間に、「第一印象」を決めるのが自社のWebサイトです。

「サイトを作りたい」「サイトをリニューアルしたい」と思った時、あまりの制作業者の多さに驚く方もいらっしゃるかもしれません。

このページでは、
・Webサイト制作を依頼する際の心構え
・依頼する前に必ず考えておきたいチェック項目5つ
についてお話しします。

「こんなはずじゃなかった…」となる前に

Webサイト制作を依頼する時、最初に考えてもらいたいことが「どんなWebサイトを作りたいか」です。

「どんなWebサイトを作りたいか考えるのなんて、当たり前じゃないか!」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、深く考えず、Webサイト制作会社に「とりあえず、細かいことは任せるので作ってください」とお願いしてしまい、後から

「こんなはずじゃなかった…」

と、弊社にご相談に来る方は後を立ちません。

依頼する時、最初に考えたい一つの質問

「どんなWebサイトを作りたいか?」という質問は、実は漠然としています。

・かっこいいWebサイトが良い
・今っぽい感じが良い
・自社らしさをしっかり出したい
・新規のお客様に来て欲しい
・インターネットで集客したい…

 

「web site」の画像検索結果

きっと色々な希望があることは承知の上で、まずは、たった一つ、この文章の穴を埋めてください。

Webサイト制作を依頼しようと思ったのは、Webサイトを活用して、
「 」を(「 」に)「     」たいからです。

例えば、
「会社のイメージ」を(「今のお客様」に)「かっこよく見せ」たいからです。
「自社が信頼できるということ」(「新規のお客様」に)を「しっかり伝え」たいからです。

もしかしたら、
「自社の売り上げ」を「とにかく上げ」たいからです。

かもしれませんね。

あなたの場合は、いかがですか?
ゆっくりと考えてみてください。

「あれも」「これも」「できればあんなことも」とご希望は次々浮かんでくると思います。それらは、全てメモをしてもらった上で、最終的に、目的は一つに絞ってください。

Webサイト制作を依頼しようと思ったのは、Webサイトを活用して、
「 」を(「 」に)「     」たいからです。

この答えは決まりましたか?

カッコよさか、売り上げか

ここまで色々と書きましたが、最終的にはほぼこの2択になると言っても良いでしょう。

・カッコよさ(視覚効果)
・売り上げ(集客力などの実用性)

「marketing web」の画像検索結果

「両方!」と言いたいのは山々かと思いますが、どちらにより重点を置くかで、Webサイトのデザインはもちろん、頼むべき会社も変わります。

「見た目」を重視するのなら、かっこいいWebサイト、自分の持っている理想のイメージに近いデザインのWebサイトの実績を持っている会社への依頼を考えます。

そして、「売上アップ、集客」に期待するのなら、ただの制作会社ではなく「Webマーケティング」など「成果」を重視したWebサイトを作っている会社への依頼を考えるべきです。

もちろん、両方を得意とする会社に依頼することがベストかと思いますが、「最終的に一番重視すること」を決めることは、様々な選択をする際の軸になります。

password

「安ければ良い」の危険性

初めに書いたように、Web制作会社の数は膨大で、インターネット上で調べられるだけでも1万7000社近くあります。
そのため、クオリティや得意とする部分、価格に大きな開きがあるのも事実です。

一概に、「安い制作会社は、クオリティが低い」と言い切れるわけではありません。しかし、最初に書いた「Webサイト制作の目的」を考えることなく、料金だけで制作会社を選ぶことはとても危険です。

「どんなWebサイトを作りたいのか。」「Webサイト制作会社に何を期待しているのか。」を明確にせずに、料金をただ比較して、「こっちの方が安いからこっちにする」などと考えるのは、新車のベンツと、走行距離20万kmボロボロの軽自動車を比較して、「こっちの方が安い!」と、喜ぶのと同じことです。

Webサイト制作は、Jimdo、Wixなどを見ればわかるように、無料でもできる時代です。

だからこそ、安かろう悪かろうではないとしても、ある程度のクオリティを求めるなら、それなりにお金がかかることは当然だと考えておいてください。

Webサイト制作を依頼する前に考えるべき、5つのポイント

それではここから、Webサイトを依頼する時、お願いする前に考えておきたい5つのポイントをお伝えします。

制作会社が多様な知識、経験があり、考えてくれる部分はもちろんあります。でも、自社について誰よりも知っているのは依頼するあなたです。

制作会社の人に任せていて、気付いたら「あれ?これで良いんだっけ?」となってしまわないように、最低限次の5つのポイントについて考えておきましょう。

正しい場所イメージ

ターゲットはどんな人か?(どんな人にWebサイトを見てもらいたいのか?)

Webサイトを見てもらいたいターゲットがどんな人かは、デザインはもちろん、コンテンツ全体に関係します。

個人なのか、法人なのか。個人ならば、男性か女性か、年代、職業、関心ごとは何か?法人ならば、業種、売上規模、従業員数など、ターゲットの属性や特徴について考えましょう。

Webサイトは、見てくれる人、つまりターゲットありきです。「誰に何を伝えたいか」の「誰」をまずは明確にしてください。

「pr」の画像検索結果

アピールしたい、自社の商品・サービスの特徴は何か?

ターゲットが決まったら、次に考えるのは、その人、会社に「何」を伝えたいかです。

自社と同じ業種、たくさんの競合他社がある中で、自社の会社、商品、サービスのどの部分を、ターゲットは一番魅力的だと感じてもらえるでしょうか?

コンテンツを考える際、どこを重点的にアピールするかはとても重要です。
Webサイトで訴求するポイントによって、会社のイメージはもちろん、売り上げも変わるので、しっかりと自社が選ばれる理由を洗い出しておきましょう。

「action」の画像検索結果

Webサイトを通して、訪問者にどんなアクションを起こして欲しいか?

Webサイトを訪れた人に、どんなことをして欲しいですか?

Webサイトを作る際は、閲覧社の動線を想定し、最終的に起こして欲しいアクションまでしっかりと導けるようにします。(専門用語で、UX、UIなどと言います。)

詳しい設計の仕方については、Web制作会社に任せた方がより効果が出る可能性が高いですが、「お問い合わせを増やしたい」「メルマガに登録して欲しい」など、どんなアクションを最終的に起こして欲しいかは、事前に想定しておきましょう。

 

 

「serach」の画像検索結果

 

 

 

 

他社のWebサイトをチェックして、良いと思ったものはどれか?

競合他社のページ、他のWebサイトを見て、「こんな感じにしたい」と伝えることは、「イメージと全然違う」「なかなか思ったようなデザインが上がってこない」などの問題が起こらないようにするために大切なことです。

色々なWebサイトを見ることは、「こんなのも良いかも」とアイディアが浮かぶきっかけになることもあります。良いと思ったWeb サイトをメモして、制作会社に伝えましょう。

 

Webサイトに欲しい機能は何か?

デザインではなく、機能的な部分でも「こうだったら良いな」と思うことはしっかりとメモをしておきましょう。

・もっと更新が簡単にしたい
・初心者でも使いやすい管理画面にしたい
・お客様がこんな操作をしやすくする方法はないか?

など、Webサイトに関連して欲しい機能を考えます。

「機能」と言われてピンと来ない場合は、「どうなったら、より自分たち、お客様が使いやすいか」を考えてましょう。「その悩みなら、この機能が役に立ちます。」とWeb制作会社の方に教えてもらうためにも、「どうなることを期待しているか」を伝えることが大事です。

 

「target」の画像検索結果

目的・ターゲットから全てが決まる

Webサイトを作る・リニューアルをする際の主軸は、Webサイトを活用してどうしたいのかという「目的」、どんな人が見てどう感じて欲しいかを考えるために大切な「ターゲット」です。そこから、デザイン、サイト構成、コンテンツを全てが決まります。

目標は、具体的な数値まで落とし込めるくらい入念に考えてください。それが、Webサイトの制作費、効果測定、運用予算を考える時の指針にもなります。

デザインに関して、「ここをもう少し明るく」「パッと見て「おっ!」となるように」と伝えても、デザイナーは何をすれば良いかをイマイチつかめず、依頼側も「ああじゃない」「こうじゃはない」と迷うことになります。

Webサイトの目的、ターゲットが明確ならば、「こういう業界のWebサイトだから、このテンプレートで作る」ではなく、「こういう会社で、こういう目的の依頼、見てくれる人はこんな人たちだから、トップページはああして、ページはこういうデザインで、動線はこう設計して…」と作り込むことができます。
テンプレートではなく、しっかりと自社に合わせてオリジナルで考えてもらった方が、効果が上がるのは、当然のことですよね。

 

「team」の画像検索結果

Web制作会社と二人三脚で効果的なサイト作りを

「適当に作って」と丸投げをして、良いWebサイトが出来上がることはあり得ません。

Webサイトを活用して、どんな悩みを解決したいのか、どんな効果を狙いたいのかを明確にし、そのためにはどうすれば良いかを、Web制作会社と一緒に考える、制作することが重要です。

このページに書いてあることについて、制作前に会社の中で話し合い、明確にしてから依頼するようにしましょう。

日々、様々な業界、業種の企業様からお問い合わせを頂いていますが、弊社では、ご要望をしっかりとお聞きし、お客様が作り上げた会社、商品、サービスなどを人にどう伝えるかを徹底的に考え、オリジナルテーマを用いて、理想のWebサイトを制作します。

まずは、お気軽にご質問、ご相談を頂ければ、幸いです。