ホームページの作り方・言語編(初級)

ホームページを制作するための勉強について

どうも、株式会社Minority Unitedの中の人です。

ホームページってどういう風に作られているのか、ご存じでしょうか?

今回は、Web系の開発で使われる言語について、どういったものがあるか主なものをピックアップして、
できるだけ皆さんが分かりやすく解説できるように勉強してみました。

 

情報を伝えるということ

[Web系の開発に使われる言語・基礎編]

HTML

HTMLはホームページにテキストや画像などを配置するために使われ、ホームページを作る上でなくてはならない基本の言語です。
Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページの構造やコンテンツを作っているのが、HTMLです。HTMLはタグと呼ばれるコードを使って記述されています。

CSS

CSSはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、HTMLと組み合わせて、テキストや背景の色を変えたり等、装飾をするために使う言語です。

HTMLでできたテキストや画像の周囲を、見栄え良くデザインするために用いられます。そのためこの2つはセットで使用され、ホームページのプログラミングを行う上では必須の言語です。

JavaScript

JavaScript は動的にコンテンツを更新したり、マルチメディアを管理したり、その他多くのことができるスクリプト言語です。Javaと名前が似ているが、全く異なるプログラミング言語です。JavaScriptはプロトタイプベースのオブジェクト指向スクリプト言語でもあります。

PHP

PHPはWebサービスやWebサイトなど、Web制作に特化したプログラミング言語です。

構文がシンプルでプログラミング未経験者でもとっつきやすく、習得が比較的簡単な言語です。使用者は日本国内では10万人以上いるとされ、初心者から上級者までいろいろなレベルのエンジニアが使用しています。後述するホームページ作成サービスでも多く使用されているので、HTML/CSSと合わせて今や定番です。

[Web系の開発に使われる言語・+α編]

Java

現在、Javaで作られているものが多いので1番に紹介いたします。
実行環境に依存しないので、Javaが使われているものは多岐にわたります。そのため、Javaを身につけておけば仕事の幅も広がるのではないのでしょうか。最近ではスマホアプリの開発にも使われているので、Javaが使える方は依存として必要とされています。

弱点を上げるとしたら、コードが省略しにくく、きっちりと書く必要があります。生産性としてはあまり高くありません。

 

PHP

PHPはJavaなどの言語と比較して、習得がしやすいです。他のプログラミング言語を一度学んでいる方はもちろんですが、そうでない全くの初心者でも取り組みやすいのではないのでしょうか。
PHPは始めから備わっている標準関数が豊富です。このこともPHPのメリットとしてあげられるでしょう。ファイル操作や認証系などのWebサイトやアプリケーションの開発に役立つ、多岐にわたる関数が備わっています。

Web系の開発ではWordPressなどでCMSを使うことが多いと思います。これらのCMSはPHPを使って作られています。PHPが使えればCMSが使えますし、テーマやプラグインの制作やカスタマイズもできるようになります。簡単に言うと、Web制作の幅が広がる、ということが理解いただければ十分です。

弱点を言うとすれば、問題個所を特定しにくいということです。ある程度あいまいな記述でも動く場合があるようで、余計に問題個所を分かりにくくしているともいわれています。

※CMS=Contents Management Systemの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。  簡単に言ってしまうと、管理画面からテキストや画像を登録することで、HTMLを編集するスキルが無くてもホームページを更新することができるシステムのことです。

 

Python

Pythonはシンプルに記述できるよう設計されています。コードが読みやすくなりますし、初心者にとっても取り組みやすい言語だと言えるでしょう。PHPと同様、標準関数も豊富です。

Webに特化したPHPやRubyなどの言語とは異なり、PythonはWeb系以外の開発(デスクトップアプリや組み込み系のアプリなど)もできます。

ところで、最近話題の機械学習(マシンラーニング)でも、Pythonは注目を集めています。もともと数学的な処理が得意なので、統計的な処理や、大量のデータを効率良く扱うことに優れているのです。

 

いかがでしたでしょうか。

今回のブログの為に、一から基本を勉強しなおしてみました。
記載内容までは紹介していると、大変なので、ホームページを書く時の言語種類を今回は書いてみましたが、少しでもわかりやすく書けていたらいいなと思います。