【消費税増税】ホームページ制作もなんか関係あんの?〜ホームページの見積もり方法〜

ホームページ制作。増税は関係あるの?

最近よく聞かれますね。
弊社でも電子機器等は、とくにモデルに関わらないもの(LANケーブル、モニターケーブル)増税前に買いました。

結果からいうとあります。

なぜかというと、
そもそも私たちHP制作会社も、消費税を収める義務があり、
よって、ホームページ制作についても増税は関係あります。

値付け、増税

では、HP制作について、
どういう基準で、値付けがなされ、どういう基準で消費税がかかってくるのかお伝えします。

つまり、値段設定をどのようにおこなうか。

だと思ってください。

増税後の値付けについて

基本的に、ホームページ制作会社には会社それぞれに、基準となる価格表が存在します。
というのも、例えばHP制作会社にAさんという人とBさんという人がいたとします。

基準がなければ、
Aさんに10ページのホームページを頼むと、150万円。
Bさんに10ページのホームページを頼むと、3000万円。

どちらが適正価格価格かは置いておいて、
同じものを頼んで、差が出てしまうのはよくないですよね。

なので、社内のこのレベルのデザイナーに仕事を頼んだときはこの価格でお受けする。
というルールがあらかじめ、決まってます。

さらにいうと、それが難しい技術を用いるか、それともすぐできる作業なのかによっても変わってきます。

なんので、一口に言えませんが、基本的によっぽど不思議な価格設定をしていない限り、良い意味でも悪い意味でも、だれが出しても同じ価格になります。
サイト制作の値付け関してはおおよそこんなルールです。

あとはその相場が高いか低いかによります。

ただし、金額が高いほうがそのまま高いとは限りません。

ここで考えなければいけないのがホームページの耐用年数です。

つまり、
A社の場合はとってもお安くやります。すぐできます。

と、でも技術は最新ではないので、1年で新しいプログラムのバージョンが出て古くなる。

B社の場合はちょっと高いけど、最新の技術でサイトを作るので、

耐用年数はおおよそ2年持ちますよ。

耐用年数

というようにです。

これであれば、金額だけみるとA社のホームページが良いようにも見えますが、

よくよく耐用年数を見ると、B社のほうが優れています

つまり、ホームページを作るときに、きちんとその耐用年数や、バージョン。
プログラムのベースを確認する必要があります。

せっかくホームページを作るなら、やはり素敵なページにしたいですよね。

作り方も会社によって大きく異なります。

次回はそのあたりのご説明をできればと思います。

それでは、ホームページ制作会社の増税と値付けについてでした!