【PR】マーケティングで勝つソーシャルリスニングとは?Meltwaterの効果的な使い方

【PR】マーケティングで勝つソーシャルリスニングとは?Meltwaterの効果的な使い方

目次

  1. マーケティングで勝つソーシャルリスニング
  2. ソーシャルリスニングとは
  3. ソーシャルリスニングを導入するメリット
  4. ブランドの認知度の向上
  5. 顧客の不満や要望の把握
  6. 効果的なマーケティング戦略の策定
  7. 危機管理
  8. 新たな市場機会の発見
  9. 競合分析
  10. ソーシャルリスニングを成功させるには
  11. 競合他社の動向の分析
  12. 適切なキーワードとハッシュタグの選定
  13. データ分析の活用
  14. 顧客の声への迅速な対応
  15. ツールの活用
  16. 【PR】ソーシャルリスニングを成功させる「Meltwater」
  17. Meltwaterの特徴
  18. 多様なソーシャルメディアチャネルの監視
  19. 充実のレポート機能
  20. インフルエンサーとの連携
  21. Meltwaterのメリット
  22. 豊富なデータソース
  23. リアルタイムでの分析
  24. ユーザーフレンドリーなインターフェース
  25. Meltwaterのデメリット
  26. コストがかかる
  27. 効果的な運用には知識やスキルが必要
  28. Meltwaterの主な機能
  29. SNS12種のソーシャルリスニング
  30. インフルエンサーの一元管理
  31. エンゲージメント調査
  32. 消費者インサイト分析
  33. ソーシャルリスニングにおけるMeltwaterの活用例
  34. キャンペーンの効果測定
  35. 危機管理
  36. カスタマーエンゲージメントの分析に基づくビジネスの検討
  37. まとめ~Meltwaterを活用したソーシャルリスニングでマーケティングを勝利しよう
担当者
担当者
もっとWEBマーケティングで成果を出したいんだけど、どうすればいいでしょう?
MUスタッフ
MUスタッフ
現代のWEBマーケティングでは「ソーシャルリスニング」という考え方が必須です。そして、それを効率的に行うツールとして「Meltwater」をおすすめします!

マーケティングを広義に捉えると「ユーザーの欲求を満たすために、企業が行う活動の総称」と言えます。つまり、ユーザーの声を聞くことが成功の鍵なのです。

現在のWEBマーケティングにおいては、「ソーシャルリスニング」という手法が欠かせません。

そこでこの記事では、マーケティング初心者のために、ソーシャルリスニングの基本と、その効率化に役立つ強力なツールである「Meltwater」を紹介します。

マーケティングで勝つソーシャルリスニング

マーケティングで勝つソーシャルリスニング

WEBマーケティングにおいて、ソーシャルリスニングは不可欠なソリューションです。

この章では、ソーシャルリスニングの基本原則、その実施方法、ビジネスにおけるその重要性について深く掘り下げます。

ソーシャルリスニングとは

ソーシャルリスニングは、SNS、ブログ、掲示板、レビューサイトなどのデジタルプラットフォーム上でユーザーが発信する情報を収集・分析し、それを企業活動に反映させる手法、あるいはそのプロセスのことです​。

ソーシャルリスニングを用いることで、企業は自社製品やサービスに対する顧客の評価、市場のトレンド、競合の動向などをリアルタイムで捉え、それに応じた対応を行うことが可能になります。

その主な要素は、次の通りです。

  • 情報の収集:ソーシャルメディア上でのコメント、ブログ記事、フォーラムの投稿、レビューサイトでの評価など、多岐にわたるソースから情報を収集する
  • 分析:収集した情報を分析し、顧客の感情、意見、ニーズを把握する。これには、感情分析、トレンド分析、意見の集約などが含まれる
  • インサイトの抽出:分析から得られたデータをもとに、市場のトレンド、ブランドイメージ、顧客の期待などのインサイトを抽出する

ソーシャルリスニングを導入するメリット

ソーシャルリスニングを導入するメリット

ソーシャルリスニングは、デジタル時代のマーケティング戦略において重要な役割を果たします。

ソーシャルリスニングを導入することで、企業は競争力を高め、長期的な成功につなげることができます。具体的なメリットは以下の通りです。

ブランドの認知度の向上

ソーシャルリスニングを通じて、顧客がブランドに対して持っている印象や感情を理解することが可能になります。

これにより、自社の持つブランドイメージを正確かつ客観的に把握し、それに基づいた戦略を立てられるようになります。

顧客の不満や要望の把握

ソーシャルリスニングを活用することにより、自社に寄せられる顧客の直接的なフィードバックだけでなく、SNSやレビューサイトなどといった、直接届かない意見や感想、ときには不満を含む「ユーザーの生の声」も収集できます。

これにより、サービスや製品の改善に直接的なインプットを得ることが可能です。

効果的なマーケティング戦略の策定

ソーシャルリスニングで「ユーザーの生の声」を収集すれば、そこに対したピンポイントの対策を取ることもできます。

顧客の意見やトレンドをもとに、より効果的なマーケティングキャンペーンや広告戦略を策定することが、これまでよりも容易になります。

危機管理

WEB上には、必ずしも自社、あるいは自社の商品やサービスに対して肯定的な意見だけなく、否定的な意見も発信されています。

こうしたネガティブなコメントを参考に改善策を検討したり、潜在的な問題を早期に発見し、迅速に対応することで、自社ブランドの評判を守ることにつながります。

新たな市場機会の発見

ソーシャルメディア上でのトレンドや話題をリアルタイムで追跡することは、新たな市場のニーズや機会を早期に発見し、対応するための必須戦略です。

ソーシャルリスニングを導入することで、こうしたリアルタイム性のある情報収集が容易になります。

競合分析

ソーシャルリスニングを活用することで、競合他社の製品やサービスに対する市場の反応を知ることができます。

その情報を比較し分析することで、自社の業界内におけるポジショニングを正確に把握できます。

ソーシャルリスニングを成功させるには

ソーシャルリスニングを成功させるには

ソーシャルリスニングを成功させるためには、さまざまな戦略が必要となります。

中でも以下のような戦略を適切に実行することで、企業は競争力を高め、市場での成功を確実なものにすることができるのです。

競合他社の動向の分析

競合他社の成功や失敗の要因を分析することは、自社の製品や戦略の改善点を発見し、市場での優位性を築くことにつながります。

市場の変動に対し、他社がどのような動向を取っているのかを知ることで、それを上回る迅速な対応を行うことが重要です。

適切なキーワードとハッシュタグの選定

ブランドや関連するトピックに関連するキーワードやハッシュタグを正確に選定し、関連する発信を効率的に収集します。

これにより、特定のトピックやキャンペーンに関するユーザーの意見や感情を正確にキャプチャできます​​。

データ分析の活用

収集したデータを分析し、市場トレンド、顧客ニーズ、製品やサービスに対する感想などのインサイトを得ることは、WEBマーケティング戦略の基本です。

これには、テキスト分析、感情分析、トレンド分析なども含まれます。

顧客の声への迅速な対応

顧客の意見や不満に迅速に対応することで、顧客満足度を高めブランドロイヤルティを強化します。

これには、顧客からのフィードバックや苦情に対する迅速な回答や解決策の提供が含まれます​。そのため情報を収集するだけでなく、対応するための体制を構築することも重要です。

ツールの活用

効果的なソーシャルリスニングのためには、適切な分析ツールの選択と活用が重要です。

データの収集と分析を効率化するために、包括的に戦略をサポートして優秀なツールとして「Meltwater」があります。次章で詳しく紹介します。

【PR】ソーシャルリスニングを成功させる「Meltwater」

出典:Meltwater公式サイト

ソーシャルリスニングの世界において、Meltwaterは豊富なデータ量とAIの性能、そして機能の豊富さが評価されており、全世界で約27,000社以上の企業が導入しています。

この章では、Meltwaterがどのようにソーシャルメディアや口コミサイトなど、ネット上の消費者の声を収集し、分析してビジネスに役立てるかを掘り下げます​​。

Meltwaterの特徴

出典:Meltwater公式サイト

Meltwaterは、ソーシャルリスニングとメディアモニタリングの分野で広く使用されているツールです。

企業がソーシャルメディア上の自社の立ち位置や影響力を理解し、効果的なコミュニケーション戦略を立てるために、Meltwaterは欠かせない存在です。

Meltwaterを効果的に活用することは、今やWEBマーケティングを勝ち抜くための避けては通れないほどの重要性を持っています。

その主な特徴は以下の通りです。

多様なソーシャルメディアチャネルの監視

Meltwaterは、X(旧Twitter)、Facebook、Instagramなど、多様なソーシャルメディアプラットフォームを網羅的に監視し、広範なデータを収集・分析することが可能です。

企業はMeltwaterを利用して、ブランドに関連する会話やトレンドをリアルタイムで追跡できます。

充実のレポート機能

Meltwaterのユーザーは、自身のビジネスニーズに合わせてレポートをカスタマイズできます。

特定のキャンペーンやトピックに関する詳細な分析を行うことで、より戦略的な意思決定に活かすことができるようになります。

インフルエンサーとの連携

Meltwaterは、インフルエンサーマーケティングに特化したプラットフォームも提供しています。特に、自社のブランドに最適な「キーインフルエンサー」を特定し、キャンペーンの設定と実行、メッセージのやり取り、効果測定、そして報酬の支払いまでを1つのプラットフォームで完結することができます。

これにより、ブランドのリーチと影響力を高めるインフルエンサーマーケティングが効率的に実施可能です。

Meltwaterのメリット

出典:Meltwater公式サイト

Meltwaterは、その高度な機能と広範囲なデータ収集能力により、ソーシャルリスニングに加えて、メディアモニタリングの分野でも有益な機能を搭載しています。

この2つの強みを活かすことで、Meltwaterは、企業がソーシャルメディア上での自社の立ち位置を把握し、効果的なコミュニケーション戦略を立てることをサポートします

また、その多様な機能は、市場のトレンド分析や競合他社の動向調査にも有用であり、ビジネスの様々な側面で重要な示唆を与えてくれます。具体的なメリットは以下の通りです。

豊富なデータソース

Meltwaterは、世界中のメディアをモニタリングし、分析する機能を搭載しています。

これにはソーシャルメディアだけでなく、ニュースサイトやブログ、紙媒体、放送、ポッドキャストなども含まれます。

世界中にあふれる情報のほとんどは、自社にとって関わりのない情報ですが、その中には自社にとって重要なものが埋もれています。

こうした情報の海から、Meltwaterは自社に必要な情報のみを適確にピックアップしてくれるため、包括的な情報を得ることが可能です。

リアルタイムでの分析

Meltwaterは、ソーシャルメディア上のコメント、トレンド、キャンペーンの反応などをリアルタイムで監視し、迅速な分析を行うことができます。

これにより、ブランドや製品に関するユーザーの感情や反応を即座に把握し、迅速な対応を可能にします。

特に、ネガティブなユーザー発信をいち早くキャッチすることで、自社のブランドイメージが損なわれることを未然に防ぎます

ユーザーフレンドリーなインターフェース

Meltwaterのインターフェースは直感的で使いやすく、ユーザーは容易にデータをナビゲートし、分析することができます。

効率的な情報収集や効果的なSNS運用を自社で行うことが可能であり、これにより社内のノウハウ蓄積や社員のスキルアップにも繋がります

Meltwaterのデメリット

Meltwaterのデメリット

Meltwaterは、その高度な機能と広範なデータアクセスにより多くの有益な情報をもたらしてくれる画期的なツールですが、当然ながら、以下のようにいくつかのデメリットも存在します。

Meltwaterのような高度なソーシャルリスニングツールを使用する際は、これらのデメリットを認識し、事前にしっかりと準備と計画を立ててから導入することが重要です。

コストがかかる

Meltwaterは高機能なソーシャルリスニングツールであるため、一定の費用(サブスクリプション型年間契約)がかかります(価格はすべて要問合せ)。

Meltwaterの機能を踏まえれば当然のこととはいえ、特に小規模企業やスタートアップにとっては、こうしたコストが大きな負担になってしまう可能性もあります。基本は年間契約の前払い制となるため、契約月に1年分の費用を支払う必要があり、そうした事前準備のコストを含めて導入可否を検討することは重要です。

効果的な運用には知識やスキルが必要

Meltwaterの機能を最大限に活用するためには、初期設定や操作方法の習得に時間がかかる場合もあります。

インターフェースは使いやすく設計されているとはいえ、ITリテラシーやデータ分析に関する知識とスキルを持った人材が社内にいない場合は、その習得までに時間とリソースが必要となる可能性があります。

こうした課題はMeltwaterに限らず、高機能のデジタルツールの導入時には避けては通れないものです。せっかく導入してもコスト負担が重く、分析した情報を商品やサービスに活かすためのリソースが不足してしまったり、そもそも十分に活用できなかったりすることがないように、導入前には慎重な計画と準備*が必要です。

*Meltwaterのオンボーディング利用中は、カスタマーサクセスのサポートが受けられます。

Meltwaterの主な機能

出典:Meltwater公式サイト

Meltwaterは、幅広いメディアモニタリングと分析のニーズに応える強力なツールであり、その機能は多岐にわたります。以下では、特に重要な機能を紹介します。

SNS12種のソーシャルリスニング

X(旧Twitter)、Facebook、Instagram、YouTube、TikTokなど、最大12種類の主要なソーシャルメディアプラットフォームにおけるコメントやトレンドを追跡します​。

SNSに加えて、世界中に散らばる様々なコンテンツを網羅的に調査します。

これにより、ブランドや製品に関する消費者の声や意見を広範囲にわたり把握できるのです。

インフルエンサーの一元管理

出典:Meltwater公式サイト

Meltwaterは、自社のターゲットオーディエンスと関連性が高いインフルエンサーを特定するための機能が充実しています。

自社のブランドと関係性の高いインフルエンサーを特定し、その人たちとの関係を一元管理することができる機能により、企業がインフルエンサーとのコラボレーションを通じて、ブランドのリーチと影響力を高める戦略をサポートします。

エンゲージメント調査

SNSアカウントへの投稿やユーザーのエンゲージメントをモニタリングし、そのパフォーマンスを分析します​。

これにより、ソーシャルメディアキャンペーンの効果を測定し、最適化することが可能です。

消費者インサイト分析

ソーシャルメディアや他のオンラインプラットフォームでの、一般消費者の行動や意見を分析します。

これにより、市場のトレンドや消費者のニーズを理解し、潜在ユーザーの獲得も含め、製品開発やマーケティング戦略の最適化をサポートします。

ソーシャルリスニングにおけるMeltwaterの活用例

出典:Meltwater公式サイト

Meltwaterは、ソーシャルリスニングの分野で広く活用することができ、企業のWEBマーケティングを劇的に効率化する可能性を持ったツールです。その機能で得られる情報は、多くの企業にとって貴重なリソースとなるはずです。

様々な場面での利用が考えられますが、ここでは具体的な活用例を3つ紹介します。

キャンペーンの効果測定

前述のように、Meltwaterは、マーケティングキャンペーンのパフォーマンスを測定するために使用できます。

Meltwaterを使って、ソーシャルメディア上でのコメント、共有、エンゲージメントなどを追跡し、キャンペーンの影響力やリーチを分析すれば、正確な効果を測定することが可能になります。

また、ハッシュタグやキーワードに関連するトレンドを分析することで、キャンペーンの内容やメッセージがターゲットオーディエンスにどのように受け入れられているかを理解することができます。

これにより、キャンペーン前後での販売数の増減など、限られた指標でしか理解することが難しかったキャンペーンの効果を、より精緻に理解し、今後のマーケティング戦略に活かすことができるようになります。

待ちの姿勢では届かないWEB上の声を積極的に収集・活用できれば、企業のマーケティング戦略を効果的に導く重要な資料になるはずです。

危機管理

Meltwaterは、ブランドに関する否定的なトレンド、特に否定的な意見を迅速に特定することにより、企業の危機管理にも大きく貢献します。

迅速な情報収集を行うことで、企業は自社ブランドの信頼性が失墜する可能性のある危機に迅速に対応し、潜在的な問題を未然に防ぐことができます。

例えば、サービスの一部分で若干の不具合が生じていただけでも、それを批判する声がSNSなどで広まってしまうことで、ブランドイメージが低下してしまう場合もあります。実際は誤情報であっても、ブランドイメージを損なう情報がSNSで拡散されてしまった場合などは、企業に深刻なダメージを与える危険性もあります。

こうした事態になる前に、素早く情報をキャッチし、適切な対応を迅速に行える体制を整えることは、現代社会のマーケティング戦略の中では欠かせない重要な取り組みです。

カスタマーエンゲージメントの分析に基づくビジネスの検討

Meltwaterを使用して、ユーザーやフォロワーとのエンゲージメントレベルを分析することも有益です。これには、SNS上の「いいね」「シェア」「コメント」などのユーザーアクションも含まれています。

こうしたネット上のユーザー反応を分析することで、企業はユーザーのニーズや期待をより深く理解し、それに基づいたコミュニケーション戦略や製品開発を最適化することができるのです。

メールやアンケートフォームなどに回答し、企業に直接的に要望を伝えてくれるユーザーは限られています。

そのため、潜在的な消費者を含めて自社の商品やサービスの利用者の直接的には届かないニーズを正確に理解することは、中長期的なビジネス戦略の策定には重要な要素です。

まとめ~Meltwaterを活用したソーシャルリスニングでマーケティングを勝利しよう

SNSやブログ、掲示板などのオンラインプラットフォーム上のユーザーの声を収集し、分析するソーシャルリスニングは、現代のWEBマーケティングで勝利するためには必須の手法です。

市場の動向やユーザーニーズ、あるいは競合の戦略などを理解する上で非常に有効な方法であり、特に、リアルタイムで情報を収集し、迅速に分析することに長けています。

こうした強みを活かすことで、マーケティング戦略や製品開発の方向性を迅速に決定し、臨機応変に対応することができるのです​。

ソーシャルリスニングを効果的に行うためには、適切なツールの活用が不可欠です。

本記事で紹介した「Meltwater」は、このソーシャルリスニングを実現するための強力なツールです。

Meltwaterを使用することで、SNSやメディアチャンネルからの大量のデータを効率的にモニタリングし、詳細な分析結果を得ることが可能になります。

また、顧客の反応や市場のトレンドを可視化し、戦略的な意思決定を効率化することができるのです。

Meltwaterは、広報やマーケティング担当者にとって、市場の変動を把握するために不可欠ともいえるツールであり、企業を「消費者志向の組織」へと変革していくためにも重要なツールです。

ソーシャルリスニングにより得られる情報を活用し、より効果的なコミュニケーション戦略を策定することは、WEBマーケティングで勝利することだけでなく、ブランドの成長を促進することにつながります。

ぜひとも、Meltwaterを適切に活用して、ソーシャルリスニングを用いてデジタル時代のマーケティングを勝ち抜いてください。

>>Meltwater公式サイト

筆者プロフィール

MU編集部

MU編集部

株式会社MU / 編集部
「お客様と共に前進するデジタルパートナー」をキーメッセージに掲げ日々、DX推進企業としてデジタルトランスフォーメーションを推進。
お問い合わせは下記お問い合わせボタンからお願いします。