医療広告ガイドライン

【歯科医院の方必見】患者さんはどのように歯科医院を探しているか?

医療広告ガイドラインに対応した、歯科ブログを書いてきましたが、今回は歯科医院にかかる患者さんに目を向けてブログを書きたいと思います。日本は歯科医療大国です。現在歯科医の数は10万人を突破し、なおも増加を続けています。歯科業界の集客の中で大事ことは患者さんに目を向けること。歯科医院にかかる患者さんにはある共通点がありました。 2018年6月から変更になった医療広告ガイドラインに対応した、歯科業界での集客方法。 掲載可能な文章も含めて今回は分かり易くご説明していきます。
ホームページ制作ルール

【医療広告ガイドライン】取締り強化、既に違反認定されたサイトも。今後の行政の対応とは?

医療広告ガイドライン。医療ホームページのほとんどが厳密にいえば違反となる昨今、行政はどのように動くのか。先日、ホームページガイドラインに基づく違反認定がなされました。 内容はどのようなものだったのでしょうか? また、今後の対策は? 医療広告ガイドラインについてわかりやすく読み解いていきます。 また、医療広告ガイドラインの変更になったルールとは? 詳細は記事をご覧ください。 医療広告ガイドラインの違反として取り締まられないためにはどうすればいいのか? ぜひ、医療広告ガイドライン対応のホームページ制作会社、または弁護士にご相談ください。
豆知識

自動化が進み、歯科技工士の新人就職者の〇〇パーセントは3年以内に失業?【3Dプリンターと歯科】

3Dプリンタの進化で、製造業の衰退を招くといわれている昨今。興味深いデータがあったので調べてみた。3Dプリンタの普及に伴って歯科技工士の〇〇パーセントが失業するというのだ。 ちなみに現在歯科技工士学校への入学者が著しく減少していることも問題にされていた。 なんと、全国に53校ある歯科技工士学校の合計が1032人だというのだ。 さらに25歳以降での歯科技工士の割合が4パーセントとなっている。 更に、3Dプリンタの普及で歯科技工士の人数は減ってしまうのか? 独自の調査で記事を作成した。
豆知識

【宇宙での歯科治療ってどうやるの?】気になったので調べてみた。

宇宙で虫歯になったらどうするの?子供ながらに疑問に思った方も多いと思うが、そんな素朴な疑問を今回はまとめてみた。歯科治療の最先端を行く歯科治療ロボットに引き続き、今回はそんな宇宙での歯科治療についてお届けしたい。口内環境についても、宇宙滞在時と地球では実は差があった。近年宇宙ステーションに長期滞在できる環境が整い、その健康管理も必然的に課題となっているが、その中でも宇宙での歯科治療に重きをおいて記事にしてみたい。簡単に読めるようにまとめてあるので、ぜひご一読いただきたい。
ホームページの作り方

【ホームページ制作会社を選ぶ3つの条件】医療広告ガイドライン対応版

ホームページ制作会社を選ぶとき、あなたはどのような基準で探しますか? 最近では医療広告ガイドラインが変更になり、それに対応したホームーページ制作会社を選ぶ必要も出てきました。しかし、実際にホームページ制作会社といってもどのようなことをしているのか全く謎に包まれていると思います。そこで、今回はどのような基準でホームページ制作会社を選んでいくのか、簡単にできる綺麗なプログラムの見分け方からセキュリティーまで、分かり易く解説していきたいと思います。
豆知識

歯科業界の方必見!!【ロボットによる歯科治療】一家に一台、歯科手術ロボットのお値段は?

歯科治療ロボットによる、麻酔、手術、インプラント。SFの世界でみた医療技術が実現しようとしている。歯科治療を人の手ではなくロボットが行える時代がそう遠くない未来にくるかもしれない。開発したのはマイアミのスタートアップ企業。インプラントの需要が世界的に急増する2010年代に時代の流れともいえる試みである。気になる値段は?まだクリアしなければならないことはたくさんあるが、歯科治療を自動化することのメリットは計り知れない。
ホームページ制作ルール

【免許取り消しも…】医療広告ガイドライン改正について確認しておかなければならないこと。

医療広告ガイドラインを分かりやすく説明。ホームページのセカンドオピニオン。Minority Unitedによる医療広告ガイドラインの読解。医療業界に従事している方、必読の決定版。我々は医療広告ガイドラインに対して、どのように対処していけばいいのか?免許取り消しもあり得るの?医療広告ガイドラインの最新情報をいち早くお届け。日本の医療機関におけるWeb広告の基本的な考え方、そしてその解決方法。歯科医院における医療広告と今後なにを掲載して、なにを削除の対象にするか、分かりやすく説明。医療広告ガイドライン,ホームページ,歯科,法律,免許取り消し,虚偽広告,不適切広告,ホームページ業者,省令,医療広告,写真,比較広告,誇大広告,客観性